Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグルディスカバー/グーグル内で「コンテンツを報告」できるようになりました

投稿日:

あなたは今までGoogleによってディスカバーの完全な制御を取得したいと思ったことがありますか?その後、同社は、理由で正当化できるものに対して「コンテンツを報告」オプションを最初に行い、それからこれからストーリーや出版物を隠すことによってそれを可能にしました。

Google は、ユーザーが最も関心のある内容に応じて、調査を絞り込む自由をユーザーに与えたいと考えています。したがって、同様の目的のために、すべてのDiscovery記事の右隅にメニューが表示され、フィードをどのように表示するかを選択できます。

カードを削除する場合は常に「このストーリーを隠す」、特定の出版物から来るストーリーを停止する「[ウェブサイト]からストーリーを表示しない」、提案されたトピックの範囲を短くするために「[興味]に興味がない」を選択できるようになりました。

ディスカバーには常に「Send Feeback」オプションがありましたが、それまでの日付は一般的なバグを報告したり、必要に応じて機能を要求したりすることに限定されていました。

新しく導入された「コンテンツを報告」オプションは、フラグアイコンと一緒に来ました。tiをクリックすると、4つのモテオプションを選択できる画面が表示されます。誤解を招く、またはセンセーショナル、暴力的または反発的、憎悪的または虐待的、および他。

それにもかかわらず、その目的は、コンテンツ所有者が以前に行うために使用した法的削除要求とは全く異なっているように見えます。これは、全体的な発見の経験をはるかに細かくすることを目指しています!そのため、オプションを選択すると、Google が「ありがとう」の通知と「元に戻す」ボタンを表示して、画面からストーリーが消えます。

Google ディスカバーのレポート コンテンツ オプションは、Google アプリの 10.99 以降のバージョンで利用でき、Pixel Devices のホーム画面の左側にある [アプリの検索とフィードの検出] でも確認できます。



-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.