Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグルクロームバグは、それが報告された後、最終的に修正3年 / グーグル

投稿日:

2015年、Android用Chromeで発見されました。このバグは、ユーザーに関する多くの機密情報と、ユーザーがGoogleのChrome for Androidを使用してインターネットをサーフィンしている間に使用していたと言ったデバイスを明らかにする可能性があるため、実際にはかなり深刻でした。バグがもたらす危険性にもかかわらず、Googleは、それが脅威の多くのようには見えないか、作業する有効なバグのように見えなかったという報告を無視しました。

3年後の今、ハイテク大手はついに更新することを決めました。これは、このバグによってユーザーが追跡され、デバイスが指紋に設定される可能性があるため、プライバシーを懸念する人々に大量の問題が発生する可能性のある膨大なセキュリティ リスクになる可能性があるためです。

複数のハイテク企業と、ユーザーのプライバシーを保護し、インターネットサーフィン中に可能な限り安全であるために必要なレベルのセキュリティを提供する努力の欠如について話しています。このすべてを踏まえると、Googleは物事をもう少し真剣に受け止め始めることを期待するでしょう。これは、Googleが最終的に問題を解決することを決定した3年後に理由かもしれません。もう一つの理由は、Googleに脅威がより関連しているように見える新しい情報が明らかになったことですが、元の暴露はGoogleがそれを真剣に受け止めなかったことを非常に驚かせる脅威を十分に示しました。

写真: ゲッティイメージズ経由アナドルエージェンシー

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.