Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグルクロームは、Androidユーザーのためのウェブサイト固有の自動暗い機能を追加しています / グーグル

投稿日:

Googleは、Android用Chromeブラウザのユーザーが特定のウェブサイトの画面を暗くすることを許可することに取り組んでいます。

画面を暗くする機能は、Androidデバイス全体で人気のあるブラウザに既に存在し、実際に広く使用されている機能です。ただし、この機能は以前は特定不可能またはカスタマイズ不可能であり、利用可能なすべての Web サイトに適用されていました。これは当然、どのサイトを暗くするべきか、どれがすべきではないかを完全に制御するよりも少し望ましくないだけです。サイトのレイアウトがすでにかなり暗い場合は、より良い言葉の欠如のために、Auto-Darkはウェブサイトをより読みにくくするだけです。繰り返しますが、機能自体は、携帯電話を使用するときに本格的な片頭痛を持ちたくない人にとってまだ非常に便利ですが、より多くのコントロールは長い道のりを行きます。

どうやら、GoogleとChromeブラウザの背後にある開発者は、ウェブサイト固有の自動ダークを許可することに取り組んでいるため、これを理解しているようです。この新機能の存在は、Chrome Canary、将来のChromeアップデートとインターフェイスの調整のテストバージョンを介して指摘されました。カナリアの現在のビルドのウェブサイト設定にアクセスすることで、自動暗くするウェブコンテンツ機能にアクセスし、それに応じて有効または無効にすることができます。しかし、現在閲覧中のサイトは暗くなるだけでなく、この機能を介して、ユーザーが暗くしたい他のウェブサイトも先制的にリストに追加することができます。

Chromeは、自動暗くする必要があるウェブサイトを手動で入力する以外に、ウェブサイトを訪問するたびにユーザーに許可を提供します。これは、既定の設定にある新しい Web サイトがアクセスされるたびに、テーマ設定の新しいオプションとして表示されます。ただし、このオプションは、最初の設定から有効にする必要があります。

当然のことながら、この機能はカナリアの一部であるため、その動作に関するいくつかのバグを期待してください。Chrome Canaryは、数ヶ月分の時間内に適切なブラウザにそれを作ることが多くない機能の非常に初期のビルドを提示します。一部のウェブサイトでは自動暗くならない、チェックボックスが表示されない、など。機能を完全に完成させるために残っているのは、実際のブラウザ自体にそれを作ることだけです。現在はAndroid画面全体にのみ表示されると予測されていますが、iOSとデスクトップの両方でウェブサイト固有のAuto-Darkがすぐに表示されることを願っています。この機能を試すことに興味がある場合は、このフラグを有効に chrome://flags/#darken-websites-checkbox-in-themes-setting、 メニューと [サイトの設定] タブに表示されるオプションが表示されます。そこから、あなたの好みに応じてそれらを調整することができます。

 

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.