Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグルの親会社、アルファベットは1兆ドルの巨人に成長した / グーグル

投稿日:

Googleは過去10年間で大きな成長を見てきましたが、そのほとんどが以前よりも利益志向になっています。最近のレポートによると、Googleの親会社アルファベットは1兆ドルの上限に達しており、米国に拠点を置く4番目の企業が兆のベンチマークに達しました。木曜日、市場は1株当たり1,451.70ドルの取引レートで0.87%上昇し、同社の価値を全く新しいレベルに引き上げました。

同社のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの共同創設者が12月に現在のCEOスンダル・ピチャイに交代した後、同社は最高成長ベンチマークに触れた。否定的な面では、経営幹部が様々な不正行為の申し立てで告発され、20,000人以上の従業員が政策に抗議し続けているため、同社は多くの問題に直面しています。これらすべてのスズに関係なく、Googleは象徴的な成長率を維持し、すべてのオッズに対して素晴らしく戦っています。2020年2月3日、グーグルの親会社は第4四半期の利益を報告する見込みで、ウォール街のアナリストによると、株式は高く、収益の期待は469億ドルに達すると予想されています。

2018年に、そのベンチマークに到達した最初の会社として自分自身を記録しました。しかし、その後、アマゾンは下落し、さらにマイクロソフトは2019年に上限に触れた3番目の会社でした。これらの企業はすべて米国に拠点を置いていたため、パイオニアは2007年に最初に兆のベンチマークを打ったペトロチャイナ社のままです。中国と米国とは別に、サウジアラムコは史上初の企業となり、すべてを打ち負かし、2兆ドルの企業となった。専門家によると、兆の上限に達する次の大企業はFacebookであり、現在は賭け金が高くなっています。



世界経済が苦しみ、ビジネス企業が市場で道に落ちているように、お金が唯一の目的になりつつあるようです。これも理由です。企業は大きな製品を提供していますが、従業員を解雇しません。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.