Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

グーグルとアップルは、政府がCOVID-19トラッカーを使用するようにユーザーを義務付けることを許可しません、それは「オプトイン」のみ / Google

投稿日:

グーグルとアップルは、コロナウイルスが大衆の間に広がることを追跡するために生成された「契約追跡」技術の発売を発表した。

GoogleとAppleは、政府がユーザーのプライバシーを保護するためにこの技術を使用することを人々に義務付けることを許可されず、公衆衛生機関だけが対応するアプリを構築できるようになると発表しました。

この技術の仕組み

2つのハイテク企業は、このトラッカーを2つのフェーズで起動する予定で、APIは第1段階で技術を使用するためにサードパーティのアプリによって使用され、OSレベルのアップデートは第2段階で展開されますが、システムレベルでもオプトインされます。これは、ユーザーが自発的にトラッカーを使用することができる場合になります。

GoogleとAppleは提携し、コロナウイルスに感染した患者と接触しているかどうかをユーザーが判断するのに役立つツールを作成しました。両社は契約追跡の開始を発表した。

両社は、政府が人々にこの技術を強制的に使用させないことを許可せず、ツールはユーザーに対して厳格にオプトインし続けるという理由で、記者たちと電話を受けた。両社の代表者は、唯一の公衆衛生機関は、コロナウイルスの拡散を追跡するために最新の技術を使用して対応するアプリを構築することができると述べました。これらの公衆衛生機関や当局によって生成されたこれらのアプリは、GoogleとAppleの対応するアプリストアによって管理され、監督されます。

グーグルとアップルのスポークスマンはまた、企業は、対応するアプリを作成するために公衆衛生部門で実践することが政府によって法的に許可されている組織にのみAPIへのアクセスを提供すると述べた。企業は、サーバーが感染者に通知を送受信するための信号を交換しますが、ユーザーのスマートフォン上の情報の最大値を維持します。

GoogleとAppleが生成した契約トレース技術は、スマートフォンのBluetooth信号を使用して、近くの人々から信号を交換します。人が匿名でウイルスに感染し、COVID-19の陽性をテストしたことをアプリに入力した場合、アプリは、彼らが費やされた時間と感染者からの距離に基づいて危険にさらされる可能性があることを感染者に隣接して来た人に警告を送信します。



両社は、来月半ば(5月)までにこのトレースアプリの第1段階を開始する予定だと述べた。このアプリの第 1 段階では、Android と iOS の両方のオペレーティング システムのトレース テクノロジを使用するサードパーティ製アプリで API が使用されます。その後、企業は、連絡先トレースのために電話で別のアプリをダウンロードする必要がなくなる第2段階でこの技術アプリのOSレベルのアップデートを開始します。

両社は、OSレベルのアップデートでも、この技術がユーザーにオプトインし続けることをユーザーに保証しました。人がコロナウイルスに感染している場合、または感染した患者と接触した可能性があるという警告を受けた場合でも、スマートフォンで公衆衛生アプリをダウンロードして詳細な指示を受け取る必要があります。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.