Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

アンドロイド用のGoogle Chromeは、サインインプロセスをより便利にするための新機能をベータテストしています / Google

投稿日:

Google Chromeは世界中で最も人気のあるブラウザの1つであり、他のほとんどのブラウザと同様に、ログイン認証情報を保存し、それらのログイン資格情報のいずれかが侵害されたかどうかを定期的にチェックすることで、ユーザーのブラウジングを容易にし、安全に保つには、すでに長い道のりを歩んでいます。Google は、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、Chrome ブラウザに新しい機能やツールを定期的に追加しています。

今、同社は明らかにChromeブラウザにさらに別の機能をもたらしています。Googleは、Android用Chromeブラウザのバージョン84でデフォルトで「タッチ・トゥー・フィル」機能を有効にすることを約束しました。そして、同社は最近、Android用のChrome 84を展開しました。ユーザーがユーザー名フィールドに触れると、Chrome ブラウザがすぐにログイン認証情報を自動入力するようです。

ログイン資格情報の UI (ユーザー インターフェイス) を入力するタッチは、一部のフラグの背後に存在しますが、今日、クロム チームは既定でこの機能を有効にしています。ブラウザーは、新しい 「タッチして入力する」 エクスペリエンスを使用して、保存されたログイン資格情報を使用してサイトにサインインするプロセスを合理化しています。

Android用Chromeブラウザは先月、新しいオートフィルバーを使用して住所や支払い方法などの自動入力システムを刷新し始めました。住所、請求情報、およびパスワードの自動入力用の新しいバー UI では、ユーザーは個別にタップして保存した住所の一部を入力することもできます。今、Chromeブラウザはパスワードの自動入力体験のアップグレードにも取り組んでいるようです。

同社はAndroid用Chromeベータ版でユーザーに展開を開始した「タッチ・トゥー・フィル」と呼ばれています。Chrome ブラウザのベータ版でない場合、または機能が自然に表示されるのを待たない場合は、Chrome: //flags のフラグを使用して Touch to Fill 機能を有効にすることもできます。

chrome://flagsページに移動し、新しい機能を使用して開始するには、「パスワードのUIを入力するタッチ」を有効にします。この機能を有効にした後、次回 Amazon や Facebook のパスワードを保存したサイトにサインインすると、ブラウザは、ウェブサイトへのサインインに使用したユーザー名またはメールを入力するためにボックスをタップするときに、入力するタッチプロンプトを提供します。これで、キーボードの代わりにシートがポップアップ表示され、保存したログイン認証情報がこのシートに表示されます。上にスワイプしてこのシートを展開すると、保存した認証情報を管理するためのショートカットが表示されます。

この新しいエクスペリエンスは、一部のユーザーのためにAndroid用Chrome Betaですでに登場していますが、安定版のブラウザのフラグを介して使用することができ、新しいUIがすぐに広く展開され始めると予想されます。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.