Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

アルファベットは、2019 LinkedInトップ企業リストでそのトップの座を取り戻すためにアマゾンをノック!/ グーグル

投稿日:

アルファベットが一番上に戻ってきました!グーグルの親会社はアマゾンに非難された。今年のリストでは、再び。

一方、アマゾンは3位に押し下げ、FacebookはスポットNo.2を確保した。

ハイテク企業はこれらのリストを支配することが知られているが、LinkedInはバンク・オブ・アメリカ、シティ、ウェルズ・ファーゴがトップ50に入ったことで、金融サービス部門も注意すべきだと述べた。それに加えて、パブリシス・グループ、WPP、インターパブリック・グループなどの広告代理店も今年のトップ50に入りました。

驚くべきことに、テスラは今年大きな落ち込みで16位に入り、トップ10に入れなかったのは4年ぶりでした。

「いつものように、私たちは、会社への関心、会社の従業員との関わり、雇用需要、従業員の定着という4つの主要な柱にわたる米国のメンバーの匿名化された行動を分析します」と、LinkedInの編集長であるアノンセド・ダニエル・ロスはブログ記事で述べています。

親会社の Microsoft および LinkedIn 自体をリストに含めることはできませんが、ビジネスおよび雇用指向のサービスは、6 億人以上のメンバーの活動に基づいて年次リストを作成します。

今年のトップ10と短いブリーフは次のとおりです。

  1. アルファベット: 今年は130億ドルを投資し、14の新しい州に拡大することで、何千人もの新入社員を雇用する予定です。
  2. フェイスブック: 世界中の女性に対して同一賃金を提供しています。
  3. アマゾン: 11月の最低賃金を1時間あたり15ドルに引き上げ、パートタイム労働者と季節労働者に対する401(k)の拠出金を延長した。
  4. セールスフォース: 大学の学位を持たない人を雇うことを申し出る。
  5. デロイト: スタートアップデロイトプログラムで、従業員に大きな考え方をし、野心的なアイデアを投げつつつ励まします。
  6. ウーバー: 昨年、3,000人以上の従業員に社内の役割を変更するよう説得しました。
  7. アップル: 今後5年間で20,000人の新規雇用を創出する計画。
  8. Airbnb: 四半期ごとに500ドルの旅行クレジットを提供することで、労働者に世界旅行を奨励します。
  9. オラクル: 従業員がシリコンバレー以外で働く機会を提供しています。
  10. デル・テクノロジーズ: その柔軟な職場ポリシーは、米国の従業員が年間1億3600万マイルの集団移動距離を節約することを可能にします。

ダニエル・ロスは、5億人以上の人々がLinkedInに依存してキャリアに適切な方向性を与え、企業は自分の行動と活動を研究し、彼らのために働く最高の人々を引き付けるために自分自身をモデル化すると信じています。競争は史上最高水準にあり、他の誰かが彼らの可能性を見る前に、企業が専任の従業員を得るのに良いことは何もありません。

次を読む:

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.