Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

アップルとグーグルがアプリストアで開発者に課金している量は次のとおりです/ Google

投稿日:

スマートフォンやデスクトップアプリケーションのデジタル配信プラットフォームはアプリストアと呼ばれ、ユーザーは無料で閲覧、購入、またはインストールするためのツールやゲームを多数提供しています。このコンセプトは、2019年に世界中でダウンロードされたアプリケーションよりも、ますます成功し、より多くのことを証明しています。アプリケーションは通常、特定のOSのために書かれて、AndroidとiOSはスマートフォンのための2つの主要なオペレーティングシステムであるため、アップルのApp StoreとGoogle Playストアが世界最大のアプリ配布プラットフォームであるのは驚くべきことではありません。

が発表した最近の投稿によると、Google と Apple の両方が、それぞれのアプリケーションストアに同じコミッション構造を持っています。Statistaは、App StoreとPlayストアのアップル、グーグル、アプリ開発者の間の収益分割を示すチャートを提供しました。統計によると、両方のハイテク大手は、有料アプリケーションだけでなく、アプリ内購入に30%の手数料を請求します。

アプリケーション内で行われたサブスクリプションの場合、GoogleとAppleはアプリ内サブスクリプションの最初の年に30%の削減を行い、15%の手数料が連続して請求されます。一方、開発者はアプリ内広告の手数料や、アプリケーションを通じた物理的な商品の購入を行う必要はありません。

グーグルとアップルはここ数年、この30%の手数料を請求したことで批判に直面している。Spotifyはまた、アップルの不当な扱いについてEUの規制当局に公式に苦情を申し立てた。SpotifyはApple Musicアプリの直接の競争相手であることを注目に値します。

月曜日、アップルがApp StoreからFortniteを削除し、同社がEpic Gamesの開発者アカウントをすべて終了し、EpicのiOSとMac開発ツールへのアクセスを取り消すと脅しているエピックゲーム。しかし、Appleは声明の中で、同社はApp Store上のApple開発者プログラムとEpicのアプリケーションの一部としてEpicを維持したいと非常に述べた。

最近、Epic Games は、アプリ開発者がアプリストアの支払いシステムをアプリ内購入に使用することを要求するアプリ ストア ポリシーを回避するために設計された新しい Fortnite アップデートを展開しました。アップルとグーグルの両方は、開発者がアプリ内購入ごとに30%の手数料を支払うことを要求します。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.