Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

アップル、フェイスブック、グーグルが雇うトップ10の米国の大学のリスト / グーグル

投稿日:

LinkedInデータの最新の分析は、ワシントン大学が米国の他のどの大学と比較して、フェイスブック、アップル、グーグルなどのハイテク大手のためのより多くの新入社員を生成していることを示しています。タレント企業のSHLは、ハイテク企業で働く様々な従業員のLinkedInプロファイルを分析しました。SHLは、テクノロジー企業で働く人々の数が最も多くワシントン大学を卒業し、カリフォルニア大学バークレー校は大手ハイテク企業で働く卒業生の数が2番目に多いことがわかりました。

SHLは、米国で最も重要なハイテク企業の17社にまたがって、404,068人のLinkedInプロファイルに関する調査を実施しました。これらの米国のハイテク企業には、マイクロソフト、グーグル、フェイスブック、アップル、アマゾンも含まれていました。

SHLが提供するデータは、Googleが米国の他のどの大学と比較してスタンフォード大学からより多くの従業員を雇っていることを示唆しており、カリフォルニア大学バークレー校はGoogleで2番目に採用された大学です。データによると、アップルもスタンフォード大学を好み、カリフォルニア大学バークレー校が2番目です。

Facebookは、カリフォルニア大学バークレー校からより多くの従業員を雇用することを好み、スタンフォード大学は2位です。データは、アマゾンが米国の他の大学と比較して、ワシントン大学の卒業生の多くを雇ったことを示しています。SHLはウェブサイトに報告書を掲載した。

調査の中で、Googleで働く従業員の49%、Facebookの従業員の47.5%が私立卒業生であることも判明しました。調査対象のLinkedInのプロフィールによると、ソニー、IBM、アドビで働く従業員の45.4%、44.5%、44%がそれぞれ私立の卒業生でした。アップルはこのリストの8位で、アップルの従業員の37.3%が私立の卒業生でした。

SHLはまた、Googleの従業員の11.5%とFacebookの従業員の11.2%がアイビーリーグの卒業生であることを発見したが、アイビーリーグのメンバーは、大手ハイテク企業が雇うトップ10の米国の大学のリストに登場しませんでした。ビジネスインサイダーはGoogleにコメントを求めましたが、同社は応答しませんでした。フェイスブックの広報担当者もSHLデータに関するコメントを否定した。

による調査によると、以下はアメリカで最も人気のある大学の完全なランキングです。

ワシントン大学は、ハイテク大手が採用するトップランクの米国大学です。

UCバークレーは、このリストの中で2番目の大学です.

スタンフォード大学とテキサス大学, オースティンは、3番目と4番目に人気のある大学です.

南カリフォルニア大学が5位、アリゾナ州立大学テンピが6位でした。

SHLのデータによると、カーネギーメロン大学とジョージア工科大学は、米国で7番目と8番目に人気のある大学です。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校とイリノイ大学のアーバナ・シャンペーンは9位と10位でした。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.