Gsuiteやgoogleのファンサイト

Google,GAFA関連ニュース

Google

ここでは、任意のGoogleピクセルの携帯電話/グーグルでロボコールをオフにする方法です

投稿日:

あなたもロボコールを警戒しているなら、私たちはあなたのためにいくつかの良いニュースを持っています。Googleは、Googleのデータベースに基づいて既知のロボコールを自動的にブロックするPixelユニットにコールスクリーン機能を統合すると述べている。

この機能は 以前は で使用でっていました。しかし、来週から、GoogleはすべてのPixelモデルでアップデートを展開する予定ですが、すでにこの機能を見つけた人もいます。

ロボコールは、ほとんどの携帯電話の所有者が嫌うマーケティング技術です。2020年1月に米国で約47億件のロボコールが行われました。AT&T、ベライゾン、T-Mobile、スプリントなどのアメリカの携帯電話会社も、自動通話を防ぐ方法に取り組んでいますが、電話は特定の電話で何度も通過します。

アップルはまた、未知の番号からの電話が自動的にアドレス帳に送信されるiPhoneに同様の機能を追加しました。残念ながら、これは、アドレス帳に保存できなかった番号からの「不在着信」につながることがあります。

Google のコール画面機能は、複数の方法で動作します。Google アシスタントが応答して電話を拒否するか、誰が電話をかけているかを確認してから、通話に応答するか拒否するかを選択できます。Googleはまた、今後数ヶ月で電話をかける前に匿名通話をブロックするオプションを追加します。

Google ピクセルの通話画面をオンにするには、電話アプリに移動し、画面右上にある [メニュー] をタップします。そこから[設定]>[スパムと通話画面]>コール画面>スパム>自動画面に移動します。ロボコールを辞退します。

その後、前の画面に戻り、「偽造された番号の可能性がある」を選択し、「自動的に画面を表示」を選択します。再びロボコールを辞退します。



アップデートは今週公開される予定で、Pixelスマートフォンの所有者であれば、すぐに通話をスクリーニングすることができます。ただし、Google の最新の電話アプリがスマートフォンにインストールされていることを確認してください。

グーグルのピクセルの携帯電話は、アップルのiPhoneやサムスンのデバイスほど主流ではありません。Googleのデータに特に依存するコール画面のような革新的な機能が、消費者基盤にとってより魅力的になることを願いましょう。

-Google

Copyright© Google,GAFA関連ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.